パーマやカラーによる抜け毛は薄毛のもと!AGAクリニックで根本的治療を

一昔前に比べて最近では、パーマ人口は全体的に減っているといわれていますが、今でもパーマをかけてから髪が痛んで抜け毛が多くなったとか、髪の毛が細くなってボリュームが以前より少なくなったなど、薄毛の予備軍ともいえる悩みは減っていません。

 

たしかにヘアパーマは専用の薬品を一定時間つけて放置しておくわけですから、やはり頭皮や髪そのものにもダメージは与えますし、薄毛につながる可能性があることはたしかです。

とくに天然パーマの方などがストレートの髪に憧れて縮毛矯正やストレートパーマをかける方がいますが、あれは非常にダメージが強いうえに頭皮に炎症を起こすケースもあり、とくに薄毛につながる可能性は高くなります。

ダメージの上塗りでさらに悪化も

パーマ液によるダメージは自己治癒で通常は徐々に治るわけですが、治るまでにはずいぶんと長い期間がかかるうえに、なかなかいったん受けたダメージをなかったことにするのは難しいです。

その期間、頭皮が回復していないままシャンプーやコンディショナーを使ったり、ワックスやスプレーなどスタイリング剤を使うことになるわけで、さらにダメージは回復しにくくなってしまうわけです。

 

お洒落のためにヘアスタイルに気を使うことは素晴らしいことだとは思いますが、薄毛が心配な方や抜け毛が多いことを自覚されている方は、自分が何を優先するのか?一度考えてから選択されるといいでしょう。

市販の育毛剤は予防にしかならない

薄毛が進行してきて、慌てて市販の育毛剤を使い始める人もいますが、ほとんど効果はないと言われています。

市販の育毛剤はあくまで薄毛予防のためのアイテムであって、根本的に薄毛を治す効果はありません。(多少は効果がありますが非常に軽微なものです)

医学的な治療を目指すならば、やはりAGAクリニックや薄毛外来にいって医師の診療を受ける必要があります。

 

最近では、スマホアプリを入れてテレビ電話で診療を受けることが可能なAGAクリニックも増えてきています。

通院せずに治療薬が配達されてくるという非常に大きなメリットがあるので、そういった新サービスも薄毛人口の減少に大きく影響してきそうですね。

こちらのサイト記事が参考になります(遠隔診療 AGAクリニック

コメントを残す